許可申請小ネタ

建設業の営業所を自宅で開設するときは間取りに注意。要件を満たしていることを証明するため、一手間加えましょう。

更新日:

小平市のこだたま行政書士事務所では、いろいろなケースの建設業許可に日々当たっています。

 

今回は、その経験の中から、「自宅兼営業所」についてお話しします。

 

 

まずは確認!建設業における「営業所」とは

まず、建設業における営業所とはどういったものでしょうか。

事務所を借りて何らかの看板を掲げた場合、それが即、営業所となるのでしょうか。

 

建設業(許可)における営業所とは、一言で言うと、

建設工事の請負契約を行う権限をもって請負契約を行い、または建設工事請負契約の指導監督を他営業所に対して行っている事務所

ということになります。

 

ひとつしか事務所を持っていない業者の場合は、必ずそこを営業所としなければならず、かつ許可の上では「本社」となります。(法人の場合で、登記上の本店所在地以外に「本社」を設置することも可能)

一方、複数の事務所を持っている業者でも、そのうち単なる資材の保管庫として使っている場所や、お客さんとの連絡用(事務連絡)としての詰め所などは営業所とはなりません。

営業所に該当する事務所は許可の上では必ず届け出なければならないものであり、そうでない事務所を営業所として届け出ることはできません。

 

自宅を営業所とする場合の要件

では、自宅を営業所とする場合の話にうつりましょう。

自宅を営業所として使うケースはけっこうあります。通常は、自宅の中のどこか一室を営業所とするケースです。

 

その場合、気を付けるべきことがいくつかあり、それらを満たしていない場合、営業所として設定することはできません。

要件は以下の通りです。

 

自宅玄関を入り、居住スペースを一切通らずに営業所スペースへ行ける間取りであること

例えば、営業所としたいスペースに、どうあがいても居間を通らなければならないとか、台所を通らなければならないとなるとアウトです。ただし、1Kの間取りなどで、廊下に台所がある場合は特に問題視されないこともあります。(もちろん、その1Kは居住用として使っていないことが大前提です。)

なお、廊下や階段は「共用廊下、共用階段」という扱いになりますのでいくら通ってもかまいません。

よって、通常は玄関から最も近い部屋を営業所とします。

 

営業所スペースを通らないと、居住スペースに行けない間取りはNG

例えば、居間や台所に行くために、絶対に営業所スペースを通る必要がある、という間取りではNGになります。

これでは、営業所で請負契約を締結している最中に、家人がその脇を通っていくことが想定され、営業所としては不向きなのです。

 

これら二つの要件は、営業所の独立性から要請されています。

これらがあるため、次のような「うなぎの寝床」間取りではその全てを営業所とする以外NGということです。参考までに挙げておきます。

unaginedoko

 

unaginedoko2

 

賃貸物件の場合は、営業所として使用してよい契約であること

自宅として借りている賃貸物件の場合、そもそもの話として、そこを事業に使ってよいのかという問題があります。

大抵の場合、賃貸借契約書に「本物件は、居住のために使用すること」という文言が入っているはずなので、このままでは営業所として認められません。

従って、別途貸主から「建設業の営業所として使ってよい」という使用承諾書を取得する必要があります。

しかしながら実は、東京都の場合、法人であれば本店所在地を、個人であれば住民票上の住所を、営業所として申請するときは知淫貸借契約書等の提出が不要とされています。

つまり、使用権原の詳細を確認されることがないのです。
建設業許可に関して生き馬の目を抜く厳しさをもつ東京都がこの辺は少し緩いです…。
こちらにとっては悪いことではないですけどね。

…とは言っても、原則として事業用で使用できる根拠は必要となります。

 

自宅兼事務所の場合、許可申請の際に間取り図を提出しよう

自宅兼営業所としての要件を満たしそうな場合、そこを営業所として設定することができます。

この場合は、都道府県庁審査担当者の方に本当に要件を満たしているかを説明しなければなりません。

説明すると言っても、もちろん資料をもって説明します。

 

通常必要となる営業所写真の他、間取り図が求められるのです。

写真の撮り方も、本来であれば建物外観や営業所入口、接客スペースや事務スペースなど、数枚で済むところ、それに加えて営業所が居住スペースと独立している点を十分に把握できる量が必要です。

間取り図の中には、どの位置からどの方向へ向けて写真を撮ったかを書き込み、それに対応する写真を提出します。

 

ちなみに、最近あった自宅兼営業所で使用した間取り図はこれらです。(もともと間取り図なんてなかったので、当事務所が一からCADで作りました。)間取り図はクリックすると拡大します。

eigyosho1

図内に番号が振られています。この番号順に写真貼り付け用紙で写真を提出します。

営業所と居住スペースは、ドア等で仕切られている必要がありますので、写真もドアを開けた状態で撮ったその場所から、次はドアを閉めた状態で撮るなど、工夫が求められます。

とにかく、この間取り図と写真で、本当に営業所が他スペースと独立した状態にあるのかを「証明」しなくてはならないのです。

 

なお、今回は2階もありました。2階は営業所として使うスペースはないので写真撮影までは不要ですが、間取り図の提出は求められました。

eigyosho2

まとめ

このように、自宅兼営業所にはまたひとつ余計な作業が発生します。

とは言っても、他に営業所を借りるとなるとそれもまたコスト面で無駄が発生することもあります。

当事務所では自宅兼営業所について要件を満たしているかどうかのご相談も受け付けていますので、お気軽にお問い合わせください。

また、満たしている場合はスムーズに許可申請できる資料を速やかに作ります。

他に事務所を借りるべきかどうか迷っている方は、いつでもお問い合わせください。







-許可申請小ネタ

Copyright© 建設業許可を取りたいときは│東京都小平市のこだたま行政書士事務所 , 2019 All Rights Reserved.