許可申請小ネタ

土建国保は「健康保険等の加入状況」にどう記載するか

更新日:

東京都小平市のこだたま行政書士事務所では、建設業許可に力を入れています。

 

手引きだけではクリアできない申請のテクニックも多々ありますので、このコラムで少しずつ公開していければと思います。

 

今回は、建設業許可申請書の必要書類である「健康保険等の加入状況」という書類についてですが、この書類は平成24年から運用が開始されています。

従来より建設業界では色々な問題が指摘されてきましたが、その中でも社会保険への未加入問題は大きく話題を呼びました。

 

場合によっては危険な作業を伴う業界ですし、現在若い世代が建設業界を敬遠している現状で、やはり何かあった時に厚い手当が受けられる健康保険や将来の生活のための厚生年金などを早急に浸透させなければならないということなのでしょう。

 

 

平成28年6月現在では、社会保険の加入が許可の条件ではありませんが、新規許可申請時に社会保険や雇用保険に加入していない場合、即「じゃあ指導書を送りますねー」と言われます。

 

 

また、来年度より実務上、社会保険未加入業者についてはかなり厳しい措置がとられるという話も出てきています。

 

 

社会保険料の負担は経営者にとって小さいものではありませんが、必要経費としても社会保険に入る方が今後安定した経営のためにも必要な時代が来たのかもしれません。

 

 

さて、建設業許可申請において「社会保険」というと、殆どの場合「協会けんぽ(全国健康保険協会)」を指します。

 

しかし、中には協会けんぽに加入ではなく、その業者様が所属する土建組合で保険に入っている場合があります。

 

これは、「社会保険」ではなく「国民健康保険」に属しますが、建設業許可の観点からは「社会保険に入っているものとみなす」という扱いをしてくれるので、未加入業者として責められることはありません。

 

 

では、土建国保に加入している場合、「健康保険等の加入状況」書類にはどう書けばいいのでしょうか。

答えは・・・・

kenpokanyu

この書類、社会保険や厚生年金に入ってる場合は該当する欄に「1」を記載し、未加入の場合は「2」、適用除外(そもそも保険に入らなくて良い)場合は「3」を記載します。

 

土建国保は「3」です。つまり「社会保険に入らなくていいよ」を意味するのです。

意外とこれ、東京都の手引きに書いてないんですよねえ。

 

最初は「1」と記載して持っていったところ、審査担当の方から「土建国保の場合は3ですよ」と指摘されました。

 

その上で、事業所整理記号等の欄に「どこの土建国保か」ということを書いて終了です。

 

上の画像の例でいくと、

健康保険は土建で加入しているから「3」、厚生年金は協会けんぽで加入しているから「1」、雇用保険は、この業者様が従業員を雇用しておらず、代表者1人の会社だったので加入義務がなく「3」、ということですね。

 

なお、当事務所では社会保険のプロ、社労士とも協力体制にありますので、新規許可取得に備えて社会保険に新規加入しようとご検討の方も、お気軽にご相談ください。

トータルでアドバイスいたします。







-許可申請小ネタ

Copyright© 建設業許可を取りたいときは│東京都小平市のこだたま行政書士事務所 , 2019 All Rights Reserved.