kodatamaの記事

経管や専技が死亡したことによる変更届の提出書類

こんにちは。 建設業許可を受けて営業している建設業者様においては、必ず経営業務の管理責任者と専任技術者の役割を負う役員や従業員がいることでしょう。 ちなみに、例えば専任技術者は複数立てることもできるの ...

完成工事原価報告書見本

完成工事原価報告書の項目について

決算を締めたらそこから4ヶ月以内に許可権者(都道府県庁など)に提出しなければならない決算変更届。(地域によっては「事業年度終了報告」と呼んだりもします。)   この書類一式の中に「完成工事原 ...

住民票を移してない or 国民健康保険証しかない時の常勤の証明

建設業許可でも重要な要件である「経営業務の管理責任者」と「専任技術者」はその事業者に専属で常勤していなくてはなりません。 どちらも重要なポジションですから、他の会社と二股したり、たまにしか出勤しない、 ...

専技の実務経験を証明するときに併せて行う【過去の常勤】証明書類はこれ!

こだたま行政書士事務所です。 さて、建設業許可の二大要件ともいわれる経営業務の管理責任者と専任技術者ですが、そのうち専任技術者について。 専任技術者となるには一定の資格を保有するか、又は一定年数の実務 ...

500万円以上の工事3件

許可前に500万円以上の工事を請け負っていると許可はおりないのか

東京都小平市のこだたま行政書士事務所では、東京都多摩地区を中心として許認可をメインに扱っています。 もちろん、建設業許可についても頑張ってます!   というわけで、今回のコラムは、「建設業の ...

建設業の営業所を自宅で開設するときは間取りに注意。要件を満たしていることを証明するため、一手間加えましょう。

小平市のこだたま行政書士事務所では、いろいろなケースの建設業許可に日々当たっています。   今回は、その経験の中から、「自宅兼営業所」についてお話しします。     まず ...

新たに法人を立ち上げて許可を取る場合の経営業務の管理責任者

今日は、これまで個人事業主として建設業を営んできた方が、建設業許可を申請するのをきっかけに、新たに法人を設立する中で起きる話をします。   当事務所がお受けする案件は、ほとんどが法人案件です ...

建設業経験と認められない「常用」「人工出し」。工事の経験とは「請負」を言う!

東京都と埼玉県の建設業許可はお任せください。 東京都小平市のこだたま行政書士事務所です。   さて、今回は建設業に関わる方であってもよく誤解があることについて説明します。 建設業許可には建設 ...

70歳以上被用者該当不該当

経管、専技に高齢者が就任するときの常勤の証明は?社会保険にも年齢制限があり加入できないときの方法。

小平市のこだたま行政書士事務所では、普段からいろいろなケースの建設業許可にあたっています。   今回は、経営業務の管理責任者又は専任技術者に絡む話です。   経管や専技に就任するに ...

技能検定と専任技術者における素朴な疑問

日々、建設業許可を扱ってきていろんなイレギュラーは経験したのですが、逆に、手引き通りにすんなりいく案件なんて本当にないんだなあと思う今日この頃です。   そうやっていろんなケースにあたってい ...

Copyright© 建設業許可を取りたいときは│東京都小平市のこだたま行政書士事務所 , 2019 All Rights Reserved.