許可申請小ネタ

般・特新規とは

投稿日:

一般許可しか受けていない業者が特定許可を受けたい場合や、逆に特定許可しか受けていない業者が一般許可を受けたい場合の手続きを「般・特新規」と呼びます。

 

特定許可と一般許可では許可の基準も違い、新たな判断が必要となるため、分類としては「新規」に区別されます。

 

一般的に、特定許可を受けていれば一般許可の要件も満たしそうではありますが、種類が別のものである以上、新たに新規許可として審査を受ける必要があるのです。

 

具体例を挙げると、次のとおりです。(業種はあくまで例です)

(1)建築一式工事を「一般許可」で持っている業者が、建築一式工事を「特定許可」としたい場合。

(2)建築一式工事を「一般許可」で持っている業者が、それは一般のままにしつつも、新たに土木一式工事を「特定許可」で取りたい場合。

(3)建築一式工事を「特定許可」で持っている業者が、建築一式工事を「一般許可」としたい場合。

(4)建築一式工事を「特定許可」で持っている業者が、それは特定のままにしつつも、新たに土木一式工事を「一般許可」で取りたい場合。

 

これらは新規手続きではありますが、申請書類のうち一部書類の省略ができる場合がある(例:特定から一般への般・特新規の場合では財産要件の書類は省略できるなど)他、建設業許可番号はそのまま引き継がれます。







-許可申請小ネタ

Copyright© 建設業許可を取りたいときは│東京都小平市のこだたま行政書士事務所 , 2019 All Rights Reserved.